冬のストーリー

 Lyrics and Music by Shiro Nozoe 

 

Vocals,Chorus by Shiro Nozoe
Keyboads,Programming,Arrangement by Morifumi Kawamoto

 

いつの間にか風が冷たく騒いでる
気が付けばほらまた苦手な季節

かじかんだ手に温かな缶コーヒー少し
 ぬる目の手前まで握り締めてたね


落ちそうな雲がパズルを埋める様に
 オレンジ色にそっと染まる


冬が来る前に思い出を一つ増やそう
木枯らしの吹く寒空の下で君を待っている
虹色の街灯り聞こえてくる街の声が
寂しくても苦しくてもここで待っている
冬のストーリー


新しいブーツに温かいコートをまとい
信号待ちで足踏みする君が見えた


気づかないフリをして余裕な顔してたけど
何度も時計を確認してたんだ

冬が来る前に思い出を一つ増やそう
木枯らしの吹く寒空の下で君を待っている
虹色の街灯り聞こえてくる街の声が
寂しくても苦しくてもここで待っている
冬のストーリー


冬が来る前に思い出が一つ増えてゆく
並木通りのイルミネーション何度も歩いたね
虹色の街灯り聞こえてくる街の声が
寂しくても苦しくてもここで待っている
冬の真ん中へ寄り添って歩いてゆけば
冷たい風も柔らかな雪も春を待っている
 
冬のストーリー   冬が来る前に
 
冬のストーリー   冬の真ん中へ
 
冬のストーリー

※本サイトに掲載されている映像・音楽・画像・文章等、 全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Powerd by NEXT VISION/PLUGin RECORDS 2013-2018
MUSIOC_FRONT_ROGO2019_白ver_.png
NEXT VISION NEW ROGO.png